【旅】クロアチア縦断⑤~過去と現在が交わる街スプリット~

跳ねる柑橘(@hoppingnaranca)です。

数年前のクロアチア旅行記を書き上げるのに、
このままでは1年かかってしまいそうなので、ここから少しペースアップします。

今回はスプリットです。

はじめに言ってしまうと、このスプリットの街は、
初春の肌寒いプリトヴィツェ国立公園より鮮やかで
ザグレブより暖かく
人によってはドブロヴニクより過ごしやすい
そんな素晴らしい街でした。

(※今回は写真ばっかりです)

f:id:nain-hoppingnaranca:20170813002923j:plain

(目次)

ザダルからバス

ザダルの荷物預り所が管理人が離れたせいで全然あかないから、
すぐそばのカフェでまたエスプレッソを頼んで時間をつぶす。

やっとスタッフが戻ってきたので荷物を受け取り、
旧市街のそばのバス停からバスに乗り、高速バスターミナルへ。
なんとか間に合った。さあ、スプリットに行くぞ。

バスでだいたい2時間です。

f:id:nain-hoppingnaranca:20170815104918j:plain

f:id:nain-hoppingnaranca:20170815111027j:plain

漁村や港町が多く、船がよく停泊しています。
素敵な雰囲気だけど、住めと言われると難しいかもしれない。
そんな感じでバスに揺られ、 着いた街がスプリット。

この街も、旧市街と呼ばれる歴史的なエリアが世界文化遺産。
前回訪れたザダルや、スプリットのそばにあるシベニクなども同様です。

なので最初は
「まあドブロヴニクがメインディッシュだしザダルも見たし、まあ似た感じっしょ」
などと大変失礼な認識でおりました。

大間違い。最高です。

期待を良い意味で裏切る街

高速バスはフェリーターミナルのそばに着きます。

降りてまず目に入ったのがこれ

f:id:nain-hoppingnaranca:20170817122236j:plain
なにこれきれい
f:id:nain-hoppingnaranca:20170817122522j:plain
あらやだ素敵

この夕刻の街の様子だけで惚れこみました。

フェリーターミナル(長距離バスターミナル)のすぐそばに旧市街(ディオクレティアヌス宮殿)があります。またちょっと行くとかつて細貝萌が所属し、給与未払い問題で退団した国内の強豪サッカークラブ、ハイドゥク・スプリットのホームスタジアムが。ほかにも展望台のある公園など見どころはありますが、メインと言ってしまえば、旧市街とその付近の町並みですね。

ツーリストインフォメーションなどでガイド貰えます。

f:id:nain-hoppingnaranca:20170217200937j:plain

この街で泊まったのはNIRVANA ROOMSというSOBE
清潔で、部屋がかわいい宿でした。

f:id:nain-hoppingnaranca:20170817135036j:plain

私に合わせてくれたのか、オレンジ色を基調としたお部屋。

ホストのお兄さんもナイスガイで、バスの時間や行き方、おいしいパン屋とレストラン、カフェの情報を教えてくれました。
クロアチアは人が素敵。

f:id:nain-hoppingnaranca:20170817122906j:plain

旧市街の海側にはこんなベイサイドストリートが。

f:id:nain-hoppingnaranca:20170817122946j:plain

カフェテラスはまだ寒いのに賑わっていました。

こんな店でおしゃべりとかしたら最高でしょうね。
ここで懲りずにまたジェラートという名のアイスクリームを食べ、すぐカプチーノを注文しました。

旧市街に入る

いざ。

f:id:nain-hoppingnaranca:20170817123046j:plain

いにしえの王の壁ですぞ

f:id:nain-hoppingnaranca:20170817123142j:plain

壁をくぐってすぐにあるのは教会の鐘楼。有料で登れます。
体力に不安が無ければ登るべき。

なぜなら

f:id:nain-hoppingnaranca:20170817123252j:plain

街が一望出来て素敵であり

f:id:nain-hoppingnaranca:20170817123321j:plain

遠く山も臨むことができ

f:id:nain-hoppingnaranca:20170817123225j:plain

アドリア海に面するこの港が見られるからです。

焦がれていたアドリア海を高い場所から一望した初めての瞬間。
色んな悩みが吹き飛んで、新たな悩みが生まれた瞬間。笑

スプリットはダルマチア地方最大の都市であり、首都ザグレブに次ぐ国内第2の都市。
なぜそれをわかっていて侮っていたのか、いまとなっては謎です。

f:id:nain-hoppingnaranca:20170817123521j:plain

宮殿の地下部分にはお店エリアが。おみやげものが多かったかな。
(3月というオフシーズンだったせいか、やってない区画も…)

f:id:nain-hoppingnaranca:20170817123623j:plain

旧市街内部にはこうしていまの人たちの暮らしがあります。
この国はオープンテラスのカフェが多い。
それがまた一層この国の街を素敵に見せていると思う。

f:id:nain-hoppingnaranca:20170817123722j:plain

建物にはいまも人々が暮らしており、この通りではどこかの家の窓から、ピアノとバイオリンのアンサンブルが響いていました。

雰囲気が最っ高。
この旅の街中部門第1位かもしれない。

f:id:nain-hoppingnaranca:20170817124316j:plain

人気のチョコレート屋さん。
NHKに取り上げられたらしく、日本語表記がありました。
ラベンダーとかはちみつとか、フレーバーつきのチョコを味見して買うことができた。
お土産には最適。というか定番のようです。

宮殿の外も素敵

f:id:nain-hoppingnaranca:20170817124152j:plain

宮殿の壁の外にはマーケットがあり、果物や野菜、お花、はちみつなどが売っていました。
市民の冷蔵庫といった様子。
あと写真はありませんが、旧市街内には魚市場もありました。

宮殿だった歴史ある街並みに、なんの遠慮もなくすごく生臭いにおいがプンプンしてました。笑
観光の目玉でもあり、市民の憩いであり、暮らしの場なわけです。

f:id:nain-hoppingnaranca:20170817124244j:plain

ハンドルネーム「跳ねる柑橘」の『柑橘』の由来。
Narancaって書いてあるでしょ。これです。

このマーケットの風景がすごい好きで、由来にしました。

f:id:nain-hoppingnaranca:20170817124538j:plain

宮殿そば、SOBEへの道中。

住宅街、ここも素敵。
ただの日常なんだろうけど、それが素敵。

さあいざドブロヴニクへ

とまあ、ただ写真をあげまくっただけになってしまいましたが、
宮殿、鐘楼、海沿い、マーケット、近所のパン屋、SOBEと、最高でした。
もう数泊すればよかったと後悔。

また絶対に行きたい街です。

ありがとうスプリット。

さあ、次はいよいよ旅の目的地。
最後のバスが一番長距離…おしりが限界に近い。
バスまでの時間があったので港をふらついていたら、ザダルやプリトヴィツェでも見かけた日本人夫婦が。
何度も顔を合わせているのでカフェで少しお話を。

スロヴェニアから長い長い縦断旅行中で、目的地は私と同じとのこと。
旦那さんは大学教授で、よく二人でこうして旅をされているとか。
素敵なご夫婦でした。コーヒーごちそうになっちゃった。こういう出会いも素敵。

さあ行くぜ、ポルコ。
いざ、アドリア海の真珠へ。

f:id:nain-hoppingnaranca:20170817125240j:plain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。