スペイン語でサッカーをみよう

こんにちは、跳ねる柑橘です。

UEFAチャンピオンズリーグは決勝トーナメントが開幕しましたね。

私が一番好きな海外リーグ、スペインのリーガ・エスパニョーラからは、バルセロナレアル・マドリーアトレティコ・マドリー、セビージャが勝ち進んでいます。

そこで、今大会の展望…はやめておいて、サッカーをスペイン語で観たときに出てくる単語や表現の中から、普段でも使えるかもしれないものをご紹介します。

f:id:nain-hoppingnaranca:20170216150910j:plain

(目次)

1.オフサイドで学ぶ煽り文句

サッカー初心者の人がかならず引っかかってしまうルール、オフサイド

簡単に説明しますと、攻撃側のファウルです。

オフサイドの適当な説明

一番後方にいる相手フィールドプレーヤー(GK以外の選手)は、守備の最終ラインを形成します。

それよりも敵陣側にはもう相手選手はGKしかいない状態です。

そこをオフサイドポジションと呼びます。

そのオフサイドポジションに、味方選手がいて(よく「残っている」といいます)、パスを受ける、シュートする、敵選手を妨害するなど、プレーに関与してしまうと、オフサイドになります。

スペイン語では “Fuera de Juego”

攻撃側の選手がルール上プレーを許されているエリア外でのプレー、ということです。

そのエリアの向こう側、ということで「オフサイド」なわけですが、

スペイン語では “Fuera de Juego” と言います。

これを英語に直訳すると “Out of Play”

日本語に直訳すると「外でのプレー」

となります。

オフサイド」や “Off-side” という言葉だけで認識しているとなぜ “Fuera de Juego” となるのかしっくりきませんが、上記ルールをわかったうえでスペイン語を見るとすんなり理解できます。

オフサイドから学ぶ煽り文句~Fuera~

3つの単語の集まりである “Fuera de Juego” ですが、“Fuera” について見てみましょう。

この場合は品詞としては副詞で、

「外で、外側に、戸外で、よそ(外国)で」等の意味があります。

【例】

「外出する」=salir para fuera

「アウェーチーム」=equipo de fuera

また、“Fuera de…” で、

「…の外に」「…の範囲外に」

というイディオムになります。

【例】

「オフラインで」=Fuera de línea

「時代遅れの」=Fuera de moda

そして、この “Fuera” は罵倒や命令の場面でも用いられます。

単に “¡Fuera!”「出ていけ!!」となります。

不甲斐ないプレーを続ける味方選手や、危険なプレーをしたにもかかわらず退場にならなかった選手、かつて自チームでプレーしていたのにライバルチームに移籍した選手などに向けて、スタンドから浴びせかける言葉でもあります。

また、”ir” 「行く」や “ser”「~である」の接続法過去形(ra形)の一人称単数形と三人称単数形の活用でもあります。

f:id:nain-hoppingnaranca:20170216150927j:plain

2.”saque” サケ?酒?鮭?

続いては “saque” です。

サケと読みますが、酒ではないです。正解はキック= “kick” です。

「蹴る」という動詞 “sacar” の兄弟ですね。

サッカーには様々なキックがあります。

日本語・英語・スペイン語(西)で見てみましょう。一部蹴ってない場合もあります。

【キックオフ】

英:kick off

西:el saque inicial、el saque de centro

“inicial” は「はじめ」なので、プレーの開始、再開時という意味ですね。

“centro” はセンターサークルで行うので、ついてます。

【GK:ゴールキック

英:goal kick

西:el saque de puerta、el saque de portería

“puerta”はゴールのこと。他に「門」や「扉」という意味もあります。

ちなみに語尾を男性形にして “puerto” にすると「港」になります。

“portería” もゴールのことです。

【CK:コーナーキック

英:corner kick

西:el saque de euquina、córner

“esquina””córner”ともに「コーナー」の意味。

「通りの角を曲がって~」などで使う「曲がり角」もこれで通じます。

【PK:ペナルティキック

英:penalty、penalty kick、spot kick

西:penalti、el saque de castigo、castigo

【FK:フリーキック

英:free kick

西:tiro libre、saque de falta、golpe franco

“libre” は “free” という意味ですね。

また “falta” はファウルのこと。ファウルを受けた側がFKを得られるためです。

“tiro” も “golpe” もキックの意味。”golpe” は動詞になると “golpear” 「蹴る」になります。

“franco” はここでは「自由な、妨げのない」という意味。

スローイン

英:throw-in

西:el saque de banda、el saque lateral

“banda” はサイドライン “línea de banda” のこと。

“lateral” はサッカー用語ではサイドアタッカーサイドバック、ウインが-のことを言います。

本来の意味は形容詞的には「横の、側面の」、名詞的には「横側、側面」。なのでここでも「側面からの」という意味。

ここから転じて上記のポジションを指す言葉となっています。

また手で投げ入れるスローインですが、”saque” という単語が使われています。

これは、”sacar””saque”が、テニスなどの「サービス(サーブ)」という意味も持っていることから、「プレーを始める行為」と考えると理解できます。

f:id:nain-hoppingnaranca:20170216150942j:plain

3.ポジションがわかればサッカーはもっと楽しい

ではここで、ポジション名をまとめておきましょう。

これがわかるとサッカー記事もぐっとわかるようになります。

ゴールキーパー:GK】

英:goal keeper、keeper

西:portero、guardemeta、meta

“portero” はもともとは「門番、守衛」の意味。GKは最後の門を守る戦士です。

ディフェンダー:DF】

英:defender

西:defensa

センターバック:CB>

英:center back、center half、full back

西:central、central marcador

サイドバック:SB>

英:right/left back

西:lateral

注意すべきは、英語のCBです。

“center half” と書くと、中盤かな?と思いますが、CBのことを指します。

ミッドフィールダー:MF】

英:midfielder

西:centrocampista、medio、medio centro

ボランチ(守備的MF):DMF>

英:defensive midfielder

西:pivote

サイドハーフ:SMF>

英:right/left side half、 r/l flank、inside half

西:derecho/izquierdo interior

<トップ下(攻撃的MF):OMF>

英:attacking midfielder

西:punta、mediapunta

中盤では、まず “centrocampista” を見てみましょう。

“centro” は “center” のスペイン語なので「中央、セントラル」で、 “campista” はこのままだろ「キャンパー」って意味になりますが、 “campo” が「ピッチ」を意味します。そこに人をあらわす “-ista” がつくので、「ピッチの中央でプレーする選手」ということばになります。

次にボランチのスペ語表現 “pivote” に注目。「ピボーテ」と読みます。”pivote” のもともとの意味は「軸」で、サッカー用語においても「チームの軸となる要の選手」です。

中盤での守備と攻撃の組立で重要なポジションで、代表的な選手は、ブスケツバルサ)、モドリッチ(マドリー)、シャビ・アロンソバイエルン)などですね。

ダブル・ボランチを組むフォーメーションのことをスペイン風に “doble pivote” 「ドブレ・ピボーテ」と呼んだりします。

【フォワード:FW】

英:forward、striker

西:delantero

<ウイング:WG>

英:(right/left)winger

西:extremo

セカンドトップ:ST>

英:second top、second striker、shadow striker

西: segunda punta、segundo delantero

センターフォワード:CF>

英:central forward

西:delantero centro

あんまり “extremo” って聞いたことないんですが、私の聴いている実況が特殊なのかもしれません。

まとめ

今回は、スペイン語で観るサッカーから、

オフサイド」から煽り文句を学ぶ

「さけ」でスローインまで言える

「ポジション」を日英西で学ぶ

この3つが一度に達成できるお得な記事でしたね。

語学学習は好きなことから入るのが一番ですし、好きなことを色んな言語で見ると新たな発見もあります。

スペイン語話者は日本にもそれなりに来ているので、スポーツバーで今回出てきた言葉を話す人がいたら、スペイン語圏の人かもしれませんね。

エキサイトしてるとまずいですが、話しかけてみると思わぬ交流の輪が広がるかもしれません。

スペイン×サッカーならこちらも

さいごに、この記事とは異なる視点で、スペイン語でサッカーを観る際に役立つ情報が書かれている記事をご紹介します。

shumpeiu.com

こちらの記事は動画も貼られており、とても見やすいです。

この「My Third Place」の運営者 たろうさん(@v_varentaro) は、スペインでの活動を目指しておられるライターさんです。

兼業でだらだらやってる自分とは熱量が違うので一緒にしちゃ失礼なのですが、スペイン、ライター、サッカーなど、私も似た方向を向いていることもあり、twitterやブログを読ませていただいています。

スペインに関心のある方、スペインサッカーが好きな方、特にデポル(デポルティーボ・ラ・コルーニャ)が好きな方はぜひたろうさんの記事もご覧ください。

それでは! ¡Nos vemos!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。